テストで結果を出すための勉強方法

query_builder 2021/12/09
コラム
3

「テストで結果を出すための方法があるなら知りたい」という方は多いのではないでしょうか。
実は、ちょっとしたコツでテストの結果を良くできる勉強法があります。
この記事では、テストで結果を出すための勉強方法について紹介していきます。

▼テスト勉強で結果を出すための勉強方法
■復習をしっかりとする
テスト勉強で結果を出すためには、復習をしっかりとすることが大切です。
エビングハウスという心理学者の研究によると、人間は20分もすれば覚えたことの約40%を忘れてしまうと言われています。
そして1日後には、覚えたことの約75%を忘れるという研究結果を発表しました。

そのため勉強で覚えたことは、忘れる前に復習することが大切です。
復習して記憶を定着させることで、テストでも結果が出せるようになりますよ。

■できなかった問題を解き直す
テストで結果を出すためには、できなかった問題は必ず解き直しましょう。
問題集を解いていて、できなかった問題は後で復習ができるようにチェックしておきます。
そして参考書などで理解を深めてから、できるまで何度も挑戦してください。
解き直すことで応用問題への対応力がつくので、結果が出やすくなりますよ。

■前日は早めに寝る
テストの前日は早めに寝て、しっかりと脳を休ませてください。
最後の詰め込みをする方が多いと思いますが、おすすめな方法とは言えません。
先ほど説明した通り20分後には40%の記憶が失われるので、前日に詰め込むだけでは結果は出ないでしょう。
また脳が疲れていては、持っている力を十分に発揮できません。
最大限の力を出すためにも、前日はしっかりと寝て脳を休ませるようにしましょう。

▼まとめ
テスト勉強で結果を出すためには「復習」と「できなかった問題の解き直し」を重点的にしてください。
覚えたことを忘れないようにしっかりと復習することで、記憶を定着させることができますよ。
またテストの前日は早めに寝てしっかりと脳を休ませて、テストに挑むことが大切です。
当校では、テストで結果を出す方法を熟知しております。
結果が出ないで悩んでいる方は、ぜひご相談ください。

NEW

  • 忘れることの重要性

    query_builder 2021/12/09
  • お子さんの塾の送迎時に知っておくべきポイント

    query_builder 2022/08/15
  • 塾の選び方で押さえておきたいポイント4つ

    query_builder 2022/08/01
  • 塾の掛け持ちで失敗しないためのポイント

    query_builder 2022/07/15
  • 塾に通うことで得られるメリットはなに?

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE